やすことマレー家族の日記

azlin.exblog.jp
ブログトップ

帰省します。

九月に帰省できるのは初めて。
おばあちゃんの7回忌で親戚が集う実家に、シンガポールから家族5人で一週間里帰りをします。

子どもたちの成長した姿を見てもらって、”ありがとうございます”を伝えてこれたらいいな。
日本の文化や日本人の素敵な部分を感じて味わって、それらが子どもたちにとっても良いお土産になったらいいな。
そんな風に思っています。。

a0089199_00231435.jpg







[PR]
# by sugayayasuko | 2017-08-28 00:24 | Trackback | Comments(0)

まーちゃん7歳!

a0089199_18493168.jpg
お誕生日はね、みんなにありがとうを伝える日なんだよ。


[PR]
# by sugayayasuko | 2017-07-03 18:48 | Trackback | Comments(0)

今年のイード

a0089199_13442769.jpg
a0089199_13444424.jpg
a0089199_13451868.jpg
a0089199_13453897.jpg

イードおめでとうございます!
こうやって普通にみんなでラマダーン月を終え、シャワールの月を今年も迎えることができました。
有り難うございます。

[PR]
# by sugayayasuko | 2017-06-25 13:44 | Trackback | Comments(0)
昨夜からこうやってココナッツの葉を編んでいます。
2本の葉を手で編み込んで箱にして、
よーく洗って乾かしたお米を入れます。
そしてお鍋に入れ、たっぷりの沸騰した湯の中で5-6時間グツグツ煮て、お湯が減ったら足しながらゆっくりゆっくりとね。
主食となる柔らかな香ばしいマレーのご飯はこうやって手をかけて時間をかけて美味しくなります。
家族みんなで味わうこのラマダーン月の色々は、私が幼いときに味わった祖父母の家での温かなにおいを思い出させてくれます。

家中いいにおい。。
お昼までにはご飯が出来上がるかな。
おたのしみに。 
a0089199_10143575.jpg
a0089199_10150791.jpg
a0089199_10154267.jpg
a0089199_10161348.jpg
a0089199_10163165.jpg


[PR]
# by sugayayasuko | 2017-06-24 10:13 | Trackback | Comments(0)

2017 Ramadan & School Holiday!

子どもたちの成長が感じられる、ありがた〜いラマダーンの時期に入っております。
飲まず食わずが、日の出前から日の入りまで続く、しかも新月から新月までの29日間かな。
今年は5月27日から始まったような、、そしてあと10日でもうすぐ終わってしまう。。。

時代遅れの苦行だと感じていたのは10年前、、それから少しずつこのラマダーン月の楽しみを味わうたびに、こりゃ私にとって善いものになっております。
長女は9歳、次女は6歳、長男は2歳半。
パパアズリンさんは休まず1ヶ月間断食。
長女と次女は成人になっていないからやらなくてもいい、んだけれど。。やってみたいやりたいと頑張っています。こうやって子どもの頃から練習して置けば、自然と
成人いなるまでにはできるようになるわけだ。
長男は日が沈むまで誰も一緒に食べてくれないものだから、調子が狂うようで、ママのおっぱいネンネ〜が好きになり、イチャイチャする時間が増えてとても嬉しい時期。
ママは女性なので途中で休憩が入りながら、1ヶ月間断食。

子供達はスクールホリデー中なので時間もたっぷりあります。そして断食中でもあるので元気よく外で遊ぶと、、とても疲れてしまい、断食をギブアップしていいのですが、ここが不思議なところで、どうしても最後までやりきりたいのだと。。
そんな中、今日はお友達と午前中はプールで遊び、帰ってきてうちで友達と遊んで、、夕方映画を友達と見に行っていました。
お友達はムスリムではないので、プールの後やランチの時間はふつーに飲んだり食べたりしている側に娘たちはいて、映画館でも7人で行っているので、
横から回ってくるポップコーンも断食中だからと、、パスするわけです。
へ〜、すごいね、、よく我慢できた!と感心していたら、
『ママ、だってね断食最後までやりたいもん、断食最後までやったときは日の入り後の食事がなんとも言えない満足感が味わえるのだ』とか。。
妹はお姉ちゃんがいるから心強いようです。


a0089199_00350214.jpga0089199_00353165.jpga0089199_00354542.jpg


a0089199_00341724.jpg
a0089199_00340366.jpg
a0089199_00343376.jpga0089199_00344607.jpga0089199_00351751.jpg

[PR]
# by sugayayasuko | 2017-06-16 00:40 | Trackback | Comments(0)
a0089199_12110562.jpg
外で食べに行っても、ゆっくりできないから、
いつもは家でご飯とお味噌汁の食事が一番なのですが、
最近、ちょっとチャレンジしています。
メインディッシュはなんとかみんなで珍しい料理に喜びながら楽しめるようになりましたー。

そして、こんな冒険も
a0089199_12164247.jpg
サッカー観戦!でも本当は、まーちゃんのチアダンス応援📣
夜夜よる。。

[PR]
# by sugayayasuko | 2017-05-12 12:10 | Trackback | Comments(0)

ヒジャブ

ヒジャブって”覆うもの”って言う意味があるんだって教えてもらっています。

そこにあることはわかっているんだけれど、あえて覆う。
そういえば、大切なものは何かで覆ってここにありますよ〜!みてみて!って風にはしない。
昔の人の暮らしを見てみると、時代劇とかさ、、女の高貴な人は傘かぶってその前から顔が見えないように?何がすだれがかかってたっけ。
障子とか、屏風とかも。。

ムスリムになってからヒジャブってどんな感じなんだろうってかぶって見たら、暑いな〜〜、思ったよりかぶり方が複雑。。。かっこよくいかない。
そんなふうに初めは感じていたけれど、そんなカッコよくする必要はないんだと、だって見世物じゃないからね、、気が楽になりました。
覆ってみると、世界が違ってみえる。
あまり自分が見られている気がしなくなって、楽になる。
頭だけじゃなくて、肌を覆った長袖に長ズボンやスカートをまとうとね、さらに自由になるんですね。。
体の形とか、外からはわからないから。とても私らしくゆったり落ち着く。

大切なものは外に出さずに、自分の中にしまっておく。
それは服装のみならない。
地位や名誉、ちょっと自慢したくなるようなこともね。

そう言う生き方に魅力を感じます。何だか、別に特別センセーションなことではなくて昔の日本人が当たり前にしてきたこととも感じるのです。



[PR]
# by sugayayasuko | 2017-02-18 23:39 | Trackback | Comments(0)
街は綺麗に整えられていて、かっこいいシンガポール。。。
とは裏腹に、庶民が生活している場に入ってみると、そのギャプに心が和みます。

ゆっくり歩いているし、
べちゃべちゃ喋りながら歩いているし、
道端で井戸端会議はよくみるし、
赤ちゃんが泣いてたら、おばちゃん達が寄ってきて、いろいろおせっかいが始まる。
泣き止むまで、赤ちゃんをあやしたり、戸惑うお母さんにいろいろあーしろ、こーしろ言ってみたり。
妊婦が電車に乗ってくれば、優先席に座っている人はさっと譲るし、
気がつかないですわている人がいれば、おせっかいなおばちゃんは、座っている人に譲りなさいと言ってくれる。
民族が持つ習慣や、宗教行事も気兼ねなくやれるしね。近所に迷惑をかけないというよりは、お互い様の精神で気にしない。

人が人と心を交わす場が薄れている都会に暮らしている人が、ココにきたら、きっと驚く。そして心が和み柔らかくなるのかもしれない。
知らない人同士が言葉を交わす機会はいっぱいありますよ。

わたしも、ここに住んでからはお節介になり、道端で日本がが聞こえてくれば、すぐに話しかけたくなるし、手を差し伸べたくなる。
まるで子どもみたいに、人を疑ったり、余計な気を使わないところが好きだな。



[PR]
# by sugayayasuko | 2017-02-14 23:53 | Trackback | Comments(0)

手強い次女

シンガポールの一年生はなかなか大変です。
幼稚園では課せられなかった学習能力を試される日々。
英単語テストでしょ、マレー語単語テストでしょ、おまけに算数も英語も字が読めて当たり前からのスタート。
我が家はお遊び中心の幼児期できたので、次女のまーちゃんは毎日おもーいリュクを背負って、お勉強に大変だって。

朝起きると
『ママ〜まーちゃん学校行かない、ママと一緒にいたいもん』
「そーよね、ママもまーちゃんと一緒にいたいわ」

『ママ〜制服どこないない!見つからない!あった!でも靴下はけない!きつい〜あ〜〜〜』
「ママが着せて差し上げようか?髪の毛もちゃんと可愛く縛ろうか?」
『やだ、ママがやるとぐちゃぐちゃだもん、パパにやってもらう!』
「そーね、、パパの方が上手よね」

『ママ〜おべんとう何?』
「今日は美味しいパスタよ!」
『やだ〜!!ママのパスタ大嫌い、美味しくないもん、食べない!』
「そーよね〜ごめんね、美味しくなくて。。じゃあ食べないでいいよ、ただ持っていくだけ」


『朝ごはん食べない!』
「そーね、お腹がいらないって言ってるのね、食べないでいいわね」

そんなやり取りが日課ですが、だいたい文句を言った後でちゃんと朝ごはんやら制服やら自分でちゃんとやってますね。そして行ってきま〜す!って登校してゆきます。



長女のあゆちゃんはいたってマイペース。
主発の10分前まで寝てて、パジャマ脱ぎながらトイレ入って、ぐちゃぐちゃ頭を手でまとめて縛り、制服をさっさときて、歯を磨いて、行ってきまーす!って。
喋らないで、黙々と全てやってゆきます。

玄関で靴を履いている時、毎度毎度伝えることは
『自分のベッドは綺麗に整えてから学校へ行きましょう』

聞いてるんだかわからないけれど、たま〜にちゃんとしてある時があって、大体はぐちゃぐちゃ。
でもそのたま〜にの時はとってもうれしいです。


ちなみに、まーちゃん、学校が終わるとママにやけに優しくて、『ママ〜お弁当美味しくなかったけど、食べたよ!』って。
可愛いもんです。

[PR]
# by sugayayasuko | 2017-02-01 23:47 | Trackback | Comments(0)

がんばってる!

a0089199_12344765.jpg
シンガポールの小学生はお勉強一色かと思いきや、
4年生の長女はバスケットの学校対抗戦の練習に大忙し。
朝7:20分から1:45までみっちり授業、そして2:30から5:30までバスケットの練習がほぼ毎日。クタクタで汗まみれで帰宅して、モリモリたべて、宿題して。。もう夜。

がんばってる!


[PR]
# by sugayayasuko | 2017-01-18 12:33 | Trackback | Comments(0)

シンガポールでのせいかつ


by sugayayasuko